恋の悩み

男が別れをきりだす本当の理由

女性にも彼氏と別れる理由はいろいろあると思います。

大好きな彼女から別れ話しをされたとき

「なんでだろう?」

「どうしてなんだろう?」

「僕って何か別れるようなことしたかな?」

「あーっ、いくら考えても全然わからない。」

そうなんですよ、何が原因なのか何が悪かったのかと今までのことを思い返してみて自分の非を探してみたりしても一向に答えなど出てきません。

ほんとうの理由は彼女だけしか知らないですから・・・

また、

男女の「告白」に関する意識調査では草食男子といわれていますが、やはり男性からの告白でお付き合いすることが多いという結果が出ています。

「告白は男からするものだよね」

と僕自身もそしてきっとあなたもそう思っているはずです。

ですから、男性からアプローチしてお付き合いを始めたことを前提とします。

彼女のことを面倒くさく感じてきた

女性に対して滅茶苦茶失礼なのですが、「面倒くさい」が挙げられます。

あなたのことが好きで好きで、そしてあの手この手と手を変え品を変えやっと付き合うことができたのに「面倒くさい」なんてことあるのでしょうか?

女性からしたら「何、その理由?」という感じですね。

それがあるんですよ。

一般的にいわれるのが

彼女のことを重たく感じてきた

重たくなってきたという表現って難しいですよね。

重たいにはいろいろな意味合いが含まれてきますから、「これなんだ」と特定すること自体ができないです。

彼氏自身はまだ考えていないのに、未来へのビジョン・・・これからの二人のこと。分かりやすいところで「結婚」という二文字は本当に重たく感じてきます。

結婚の話しが出るということは二人の間での信頼関係があると思うのですが、しつこく問いかけられると「面倒くさいな、もういいや!」と内心どうでもよくなってしまいますから。

やはり重たく感じるときって、自由を奪われたときではないでしょうか?

フリーだったときのように自由奔放にさせてくれとはいいませんが

「いついつはどこに行くの」「あの日はどこに行ってたの」「誰と遊ぶの」「なんで電話に出てくれないの」「いつ頃帰ってくるの」「○○さんと楽しそうに話してたね」あーして、こーしてと注文が多いんですよね・・・

僕は未成年であなたは母親ですか?

なぜそこまで束縛されて行動を監視されないといけないのですか?

ほんと彼女の存在が重たく感じられます。

頻繁に連絡してきて返事を急かされる

LINEなどがそれにあたります。

ピロン、ピロンとうるさいくらい鳴るときってありません?

今○○にいるよ、○○ちゃんとタピオカ飲んでるとこ、今から○○へ行くね、仕事中だけどムッチャ眠たい・・・

どうでもいいことを逐一連絡してきます。

未読だったり、既読スルーだと機嫌が悪くなって怒り出しますし、ちゃんと返信しても「遅い」みたいなことを言われたりもします。

LINEしてくるのはいいのですが、こちらの状況をいくらかは考えてほしいものです。

読めるときには読んでますし返信もしますが、状況、環境によっては間々ならないときもありますから。

ほんとうに返事が必要なときには確実に返信しますから、あまり急かさないでください。

気分の浮き沈みが激しい

「女心と秋の空」とはよくいったものです。

秋の空模様がころころと変わりやすいように、女性の気持ちも変わりやすいという意味になるのですが、「男心と秋の空」ともいいます。

女性の場合は感情の起伏が激しいことを指すのですが、男性の場合は・・・女性へ対する愛情が変わりやすいという何とも情けない意味なんですね。

この間言ってたことと、今言ってることが違うということってありません?

3日前は遊びに行ってきてもいいよって言ってたのに、なぜ今日は行ったらダメなんて言うの?

○○買ったらいいじゃんって言ってたのに、なぜ今日はダメなの?

えっ、何なのその変わり方は?

外に気になる女性ができた

気になる女性とはこの時点ですでに「僕、この子好きかも」を通り越して

「この子絶対僕に気があるよね」

「もしかして、いい感じでいけるんじゃないの」

簡単にいえば、こんな具合に女性に対しある程度の勝算を持っている場合です。

ですが、なぜそのようにあなた以外の女性に目移りしたのかということを問題視してください。

理由はこうです

あなたよりも、その気になる女性の方が彼を必要としているから

いきなり革新を突きましたが、これ以外にないと断言できます。

少し考えてみてください。

お付き合いを始めたときのトキメキを今も持ち続けていますか?

彼の前で可愛いい女性でいますか?

付き合いだしたころのように甘えていますか?

気遣いはできていますか?

何か月、何年と月日が経っていくとどうしても慣れという恐ろしいものが顔を覗かせます。

言葉少なくてもお互いがお互いのことを何となく理解できるようになってくるのですが、そこが注意するべきポイントです。

話さなくてもある程度のことが決まってしまうので

「あれ、僕の意見は?」

「なんで一人で決めちゃうの?」

「何でも一人でやっちゃてよ」

「もう、僕いなくてもいいじゃん!」

確かに彼女の言った通り、決めた通りに事を運ぶことは間違っていないのですが何も言われたり相談されることが減ってくると自分の存在が否定されているように感じられてきます。

「彼女に僕は必要ないじゃん!」

そう思ってきても不思議じゃないですよね。

女性に母性本能が備わっているように、男性にも守ってあげなければ、どうにかしてあげなければと本能が訴えかけてきます。

すると、自分を必要としてくれる女性にどうしても目移りしてしま訳なんです。

彼女に意地悪をしたくて

これ、男の大きな勘違いです。

慣れてしまうって恐ろしいことですね・・・

付き合う切っ掛けは間違いなく男性からの告白なのに、彼女の方が僕にべた惚れなんだと思い込んでいるところから別れ話に発展してしまいます。

「えっ、なぜ?」

と不思議に思うかもしれませんがそうなんですよ。

「男はプライドの生きもの」といわれるではありませんか。

ほんとうに困ったもので、持たなくてもいい変なプライド邪魔をするから難しいのです。

女性には気遣いとか優しさ、細やかさなどと男性が持っていない素晴らしいところが沢山あります。

例えば、お付き合いしている彼から

「風邪をひいたみたいで、熱が出てしんどいんだよね」

なんていう連絡があると、飛んで行き看病してあげる女性は多いのではないでしょうか。

いつでもそうです。

上記の例を別にしても、女性が男性のところへ行くパターンが当たり前となっているように感じられます。

ほんとうは男性の方がべた惚れなのに勘違い、錯覚してしまい

「○○(彼女)、僕にべた惚れじゃん」

「○○(彼女)僕の言うことなんでも聞いてくれる」

などとあたかも彼女の方が自分に依存していると思うようになります。

だからこそ、些細な小競り合い、喧嘩になったとき子供が好きな子に意地悪をするようにそれと同じことをしてしまうのです。

彼女は僕のことが大好きで滅茶苦茶惚れてるから絶対に離れられない!どこから来るものかは分からないですが、そんな変な自信を持っていますよ男という生きものは。

絶対に大丈夫というプライドがあるからこそ、そういうことにはならないと自負しているから少し困らせてやろう、意地悪してやろうと

「もう○○(彼女)とは無理みたい」

「○○と(彼女)はやってられない」

「僕たち別れた方がいいかも」

彼女のことを好きなのに言ってはいけない言葉が出てしまいます。

男って本当にバカですね・・・

男とはつまらない生きものなんです

何なんですかね、男って・・・

無くしてみて初めて彼女の存在の大きさが分かるのですから。

僕は「別れ」に関してはかなりの確率で男性に起因、原因があると思っています。

ですから別れ話しになったとき、彼氏が本心で言っているのかどうかと疑ってみてください。

あなたに甘えていたり、意地悪をしてみたいとか、困らせてみたいな間抜けな理由からかもしれませんよ。

実際に復縁したいという割合も男性の方が多いという結果もでていますから、あながち本心からの言葉ではないのでは・・・

男ってバカで間抜けで子供ですし、つまらない生きものですね。

そんな男を手のひらで転がすような素敵で強い女性になってください。

-恋の悩み

Copyright© ここらぶ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.