恋愛

別れた後、よりを戻すときの男の心理

別れかたのシュチュエーションによって、よりを戻したときの男の心理は変わってくるのでしょうか?あなたから別れ話を持ち出し、彼と話し合い別れたという場合は女性側からの申し出ですのであなたの意志が変わらない限り復縁はあり得ません。

ただ、男性側から一方的に別れを告げられ、そののちに復縁を迫られ承諾し元さやに戻ったとしたらどうでしょう?

あなたも「別れた方が良いのかも」と思っていたのならば、復縁する確率は五分五分ではないかと思います。

実際の男女復縁に関しての調査では下記の結果となっています。

復縁したいと思うときがある

女:58.7%

男:67.8%

復縁したことがある

女:18.7%

男:13.4%

復縁したいと思っている男女は過半数以上となっているのですが、いざ復縁するとなると大幅に減ってしまいますね。

数字からでも分かる通り、別れた後でもよりを戻したいと強く思っているのは男性ということです。

実はそれだけ別れた女性に対して男性は未練たらたらなんですよ。

ですが、実際に復縁しましたということになると男性の割合の方が少なくなるのはなぜでしょうか?

僕自身は男としてのプライドが邪魔をしているのではと考えてしまいます。

後述することは、男性側から「別れたい」と通告し、その後よりを戻したことを前提としてのお話になります。

あなた(女性)の方から「よりを戻したい」と復縁したパターン

彼氏からほんとに突然

「もう疲れた、別れよう」

「僕たち合わないみたい」

「君は僕には重たすぎるから・・・」

予期していなかった別れの言葉・・・

「なぜ???」

一瞬、自分の身に何が起きているのか分からなくなります。

あなた自身、彼氏を傷つけたり嫌われるようなことをした覚えなんてないはずのですから。

「私が何したっていうの」

「私のどこがダメなの」

「悪いところがあったら直すから」

「もう一度考え直して、お願い」

彼のことを大好きで愛しているから「別れる」選択肢などありませんし、別れたくなどありません。

彼の前で涙して、懇願してみても彼の決意は固く変えることなどできないのが「別れる」ということです。

こうなると、もうあなたになす術などありません。

ですが、何かのきっかけで、例えば、あなたの復縁したいという猛アプローチに根負けして、あなたという存在の大きさに改めて気づいたとして・・・など

よりを戻す理由も数え切れないほどありますね。

当サイトで男が別れを切り出す本当の理由にていくつかのパターンをお伝えしましたが、僕の経験上多いと感じているのは、気になる女性ができた、狙っている女性が落ちそう、すでに良い女性ができていることだと思っています。

男が記念日を覚えていないのはなぜ?

男の人はなぜ記念日を覚えていないのかと疑問に感じ腹立たしく思う女性の方は多いのではないでしょうか。 あなたも大切な二人の記念日を忘れていた彼に怒った経験はありませんか? 逆に男性の僕からすれば、なぜ女 ...

続きを見る

男性から別れを切り出したのに、女性からの「よりを戻したい」という申し出に承諾し復縁するということは、気になる女性、落ちそうな女性、すでに良い関係の女性と思うようにいっていないことが考えられます。

そのときの男性の心理って簡単ですよ。

とても自分本位な勝手な考え方をします。

男の心理

  • あの女子を落とすのに時間がかかりそうだから、それまでは元カノで
  • もしかしたら無理っぽいかも、元カノで我慢しとこう
  • 女は何人いててもいいか
  • とりあえず何かあったときのために

どうですか、男って最低な生き物でしょう。

あなたがまだ自分のことを大好きで愛していると分かっているので優位な立場からの好き放題といった感じです。

彼氏の方から「よりを戻そうと」復縁したパターン

突然、彼から復縁を提案されたとしたら、きっとあなたは両手を挙げて喜ぶのではないでしょうか。

だって、大好きで大好きで一時も忘れることができなかった彼から一方的に別れを告げられ、立ち直ることも、心の傷も癒されていないときに

「もう一度やり直そうよ」

「やっぱり、お前じゃないとダメみたい」

「やっと気づいた、一番大事なのはお前だ」

嬉しくって嬉しくって、あなたは二つ返事でOKするはずです。

だけど、少し待ってください。

あなたが泣こうが、喚こうが、どれほど懇願しようが彼の心には届かなかったのですよ。

動かすことができなかったほどの硬い意志だったのになぜ?。

その彼が「復縁したい」なんて言い出すのには何か裏があると思いませんか。

高確率であなたから乗り換えた女性との破局という展開が想像できます。

男の心理

      • 新しい彼女と上手くいかなかったので元カノでいいや
      • 僕に彼女がいないなんて許せない(変な男のプライド)
      • 周囲の友達からの見た目が気になる
      • 次の彼女が見つかるまで寂しいから元カノで・・・

これまたなんてワガママな発想なんでしょうね。

これが男の本心だとしたら本当に辛いことです。

すべての男性がそのような考えではないとしても、けっして0(ゼロ)とは僕自身は思わないです。

男の考えていることは、ただひとつ

彼から別れを切り出しあなたに告げたのですよ。

だからこそ、よりを戻すという行為には「男性からとか女性からだから」などという考え方などありません。

立場を逆転させてみれば分かってくることです。

あなたならば容易に自分が振った彼とよりを戻すことができますか?

辛口でひどい言い方ですが書きます。

極論、あなたは彼に対しての

都合の良い女

になってしまったのです。

彼自身のあらゆる欲求を満たすためには、あなたという彼女がいてくれることが何よりも好都合なわけなんですね。

あなたは

「絶対にそんなことない。ありえない!」

そう反論し、訴えるかもしれません。

ですが、それではなぜ彼は一度あなたに「別れ」を通告したのでしょうか・・・?

あなたが彼のことを大好きなことを知っているのに・・・

あなたがとても傷つくことも分かっているのに・・・

別れようと決意した男の本音なんて、あなたを都合のいい女としか思っていませんよ。

都合のいい女

  • 会いたいと言えば会いに来てくれる
  • 寂しいと言えば一緒に居てくれる
  • どこにでもついてきてくれるので、彼女がいないレッテルを張られない
  • いつでもエッチさせてくれる

ほらね、あなたは最高に都合のいい女になりましたよ。

「好きな人のいうことは、どんなことでも聞いてあげたい」という女性の本能を男も本能的に理解、学習し利用しているとしか思えないです。

おわりに

「やったー、大好きな彼ともとに戻れたー!」

と喜ぶには早すぎますよ。

男とはプライドの生き物といわれます。

あなたという素敵な彼女がいたにも関わらず、新しい獲物(女性)を獲得した(する予定)のはいいのですが、上手くいかなかった。

何ていうことを、見栄を切ってあなたと別れた手前誰にもいうことができません。

あなたのことをネタにして

「あいつがあまりにもしつこくて可哀そうだったから、もう一回付き合うことにしてやたんだ」

というようなことなら友達も納得です。

また彼のプライドも保て、彼の言い方ひとつで彼はとても良い男、優しい男と評価されるかもしれません。

いい女がなかなか捕まらなくても、とりあえずはあなたがいるから大丈夫ですし、気になる女性から「彼女いるの?」と聞かれても「今フリーなんだよね」と悪気もなくいえます。

だって、あなたには本気じゃないのですから・・・

大好きで愛していた彼から別れを告げられ、辛い思いをしたけれども、よりを戻すことができたあなたは、きっと今まで以上に彼に尽くそうとするのは間違ありません。

だって、別れることが嫌なのですから・・・二度と振られたくないのですから・・・

そこのところが心配なんです。

彼 > あなた

彼の方が優位、上から、彼があなたを支配してしまうといっても良いですね。

それでもいいというかもしれませんが、きっと辛い恋になりますよ。

お互いに意見を出し、そして合い話し合い、最善策を考えたり、足りないものを補ったりしていくことが本当の恋愛だと思います。

一方通行の恋愛なんてどちらかが辛いに決まっています(片想いのことではないですよ)。

ただこれだけは頭の隅にでも置いといてください。

男の本音

エッチすることに不自由しなければいい

周囲に対してのプライド

例外もありますけど・・・男全員がそうだととんでもない世の中になってしまいますね。

復縁をした今、今まで以上に良い関係を築こうと思うのでしたら、いくら大切で大好きな彼だからといって一から十(いちからじゅう)まですべてを聞いていてはいけませんよ。

本当に都合の良いただの召使、家政婦になってしまいますから。

そうならないように彼と今まで以上の素敵な恋愛をして下さいね・・・

-恋愛

Copyright© ここらぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.