失恋

別れはとても辛いもの・・・忘れるためにはどうすればいいの?

未来のことなんて誰にも分らない。

1年後、1ヶ月後、1週間後、いや明日のことでさえも確実ではありません。

男女の関係も同じです。

明日のことなんて、今日のことさえもどうなるか分からないです。

まさか、こんな日が来るなんて・・・

もしかしたら、あなたにも経験があるかもしれませんね。

付き合いだしたころには想像すらしなかった恋人との別れが・・・

きっと誰もが永遠に二人の関係が続くものだと思っていたはずです。

こんな別れ方は嫌だ!男からの別れを告げる理由はこれ

「このままでは別れるかもしれない?」

「今のままじゃ終わっちゃうかも?」

なんとなく、本当になんとなくそんな嫌な雰囲気を感じるときってありますよね。

この様なとき、漠然とでも彼との別れを感じられているので、多少なりとも心の準備的なことはできているのではないでしょうか。

ですが、突然の別れ・・・こればかりはどうしようもありません。

「もう、僕たち別れようか」と、彼からの申し出。

私は彼のことが今までと変わらずに、今まで以上に大好きなのに・・・なぜ・・・

男女の別れる原因にはいろいろあります。

「価値観の相違」

「性格の不一致」

「付き合いの長さからのマンネリ化」

「他に好きな女性が現れた」

「欠点が我慢できなくなった」

「自分の時間が無くなった」

「束縛されるのがイヤだ」

などなどと、一般的なことを並べてみましたが、男からの

「別れよう!」

この理由は単純にただひとつだけです。

「他に女ができたから」もしくは「気になっている女性と良い感じになっているから」

あなたよりもその女性に魅力を感じ好意を寄せているということは間違いありません。

こうなると仕方がないですよね。

だって馴れ合い(マンネリ化)になってしまったあなたよりもその女性の方が話し方、表情、ものごし、考え方、何をとってみても、あなたよりも新鮮で楽しく感じられますから。

でもあなたは彼のために多くの時間を費やし、彼に気に入られようとたくさん努力してきたはずですので、まさか彼に振られるなんて思いもしなかったはずですよね。

男性よりも女性の方が好きになった人に対しては一途なのは間違いありませんから・・・

予告もなく訪れる突然の別れほど嫌なものはないはずです。

落ち込んで迷走している心をこれからどうして行けばいいのでしょうか?

オーソドックッスな失恋した心の傷の癒し方

きっとあなたにも失恋し傷ついた経験があると思いますが、その時あなたはどのように乗り越え立ち直りましたか?

スマホなどで検索すると多くの情報が出てきますね。

「失恋 辛い 苦しい」

「失恋 癒し方」

「失恋 立ち直る」

「失恋 克服」

「失恋 ・・・」

  • 仲の良い友達に話を聴いてもらう
  • 友達と遊ぶ(食べたり、飲んだり)
  • 打ち込めることを見つける(趣味、仕事、資格取得など)
  • 人の集まる場所へ参加する(習い事、フィットネスクラブなど)
  • 一人旅をする
  • 今の気持ちに合った音楽を聴く
  • 泣いて泣いて泣きまくる
  • 時間が解決してくれる

上記が全てではありませんが、概ねこのようなことが書かれています。

あなたはこのような方法で本当に救われましたか?

心を癒されましたか?

大好きな彼を忘れることができましたか?

どんな方法でも無理!

僕は「失恋=ストレス」ということが成立すると思っています。

一般的にいわれるストレスとは、正確にはストレッサ―といい外部からの刺激を意味するので、彼からの「別れよう!」という言葉はまさに外部からの心理的刺激であるストレッサ-に分類される訳なのです。

通常のストレスでしたらで、先述している方法により少しでもストレスを解消することもできるのでしょうが、失恋となると上手くいかないことはあなたにも理解できるはずです。

友人に彼との別れを話してみたところで、カラオに行き大声で歌ったとしても、一人で傷心旅行に出かけても、ほんの一時の慰めにしかなりません。

そのひと時を超えると、彼とのことを思い出し、彼のことしか考えられず他の事は手に付かず、落ち込みグルグルと負の感情のスパイラルとなってしまいます。

根本的な解決には程遠いものです。

あなたを助けてくれる、たった「ひとつの方法」

失恋の痛手から解放されたくて、彼のことを忘れようとあれこれ試してみたけれど、そう簡単には忘れることができないのが現実です。

わずか数日ほどで全てをなかったことにできたら、どれほど楽でしょう。

忘れよう、忘れよう、考えないでおこう・・・

そう思えば思うほど、頭の中は彼との思い出が走馬灯のように駆け巡ります。

初めてしたデートした日のこと、楽しかったテーマパーク、一緒に作って失敗した晩ご飯、ときにはケンカもして・・・忘れることなんて絶対にできません。

無理して忘れようと頑張らなくてもいいんじゃないですか?

楽しかった彼とのことを考えて考えて考え続けていても良いんじゃないですか?

もしかしたら1ヶ月で彼のことを考えることが無くなるかもしれませんし、好きな男性が現れるかもしれません。

逆に彼のことを忘れることができずに何年間も引きずることになるかもしれません。

実際、僕の知人には彼のことを忘れることができずに5年間引きずった女性もいます。

ですが、これだけは言えることです。

大好きだった彼のことを忘れる必要なんて全くありません!

ここにアメリカの心理学者が行った面白い理論があります。

皮肉過程理論(英:Ironic process theory)は、1987年にダニエル・ウェグナーが提唱した、「何かを考えないように努力すればするほど、かえってそのことが頭から離れなくなる」という現象を説明する理論である。皮肉過程理論では人間の思考過程を、実行過程と監視過程に分けて考え、「考えない」という命令を実行するために思考を監視する監視過程を実行するためには「考えること」を覚えておく必要があるとし、考えないという目的の達成のためには考える必要があるとした理論である。タバコをやめようと考えることでよりタバコを考えてしまい、タバコが吸いたくなるなどにも通じる。
引用:Wikipedia皮肉過程理論

この心理学者さんは面白い実験をされているんですよ。

シロクマ実験

まずは3つのグループに分けシロクマの映像を見てもらいます。

グループ1 ⇒ シロクマのことを覚えておく

グループ2 ⇒ シロクマのことを考えても考えなくてもよい

グループ3 ⇒ シロクマのことは絶対に考えない

1年後に実験参加者にシロクマの映像を覚えているかどうかを尋ねた結果、克明に映像を覚えていたグループは「シロクマのことは絶対に考えない」と言われたグループ3だったんです。

忘れよう、忘れようと思えば思うほど、逆に忘れることができないということになります。

ですから、無理することはないんですよ。

時間の経過とともに、彼とのことは素敵な思い出になりますから・・・

昔から最後には「何ごとも時間が解決してくれる」といわれていますが、僕個人の経験からするとあたっていると思います。

彼とのことを忘れようとするのではなく、楽しかったこと、辛かったこと・・・たくさん思い出してください。

彼とのことをリセットされることはありませんが、人の記憶はどんどん上書きされていきますからきっと大丈夫です。

時間とともに良い思い出となったとき、あなたは今以上に素敵な女性になっていることでしょうから。

-失恋

© 2020 ここらぶ Powered by AFFINGER5