恋の悩み

何なのそのセリフ~彼女のことが嫌になる瞬間~

口にバツのテープを張られている女性の顔

「言葉には言霊が宿る」

おばあちゃん、おじいちゃんのもっともっと昔から言い伝えられてきた言葉です。

あなたの発した言葉は相手を喜ばせもするし、傷つけ悲しくもさせてしまいます。

何気ないひと言がで、あなたのことを好きにも嫌いにもなるということですから本当に怖いですね、言葉って。

人と会話をするときには言葉を選ぶようにしないと良い人間関係を築くことができません。

頭では分かっているのですが、そんなに器用な人間ではないので、ついついそのときの感情で思いついたことを口に出してしまいます。

ですが、そのひと言が彼との関係を壊してしまうかもしれませんよ・・・

私より〇〇・・・、その他【軽症】

まだまだ軽い状態ですが、多くなるごとに深刻となってきます。

私より〇〇・・・

僕の周りもそうなのですが、僕自身

「僕より〇〇のほうが大事なの?」

「僕と△△、どっちが大切?」

このようなニュアンスのことを言葉にして彼女に伝えることなど、ほとんどないと思います。

ですが、女性がこのセリフを使うパターンはありますよね(男性側からとしての偏見かもしれません)。

  • 私よりも仕事の方が大事なの
  • 私より友達を選ぶんだ
  • 私よりやっぱり家族が大切なのね

私より、私より、私より・・・

誰でも、お仕事しないと生きていけませんからね。

彼女が大切なことも重々承知しているのですけど「どうしても仕事の方が」というときだってあります。

友達、会社の同僚、上司にしてもそうです。

同僚とはノミニケーション(情報収集など)程度なんですが、上司の誘いは目上ということもあり断りにくいです。

多くの男性は、今後の会社での出世(評価)にも影響しそうだから尚のこと断ることができないということが現状だと思います。

友達と彼女とを比較した場合、会っている回数が多いのは学生時代を除けば必然と彼女になると感じます。

そのときに、たまに会う友達とのことを優先したとしても、あなたへの愛情は1mmも変わりません

難しいのは家族。

何だかんだいっても、血の繋がりだけは切れませんから。

逆にお聞きしたいのですが、このことについて女性側はどう考えているのでしょう?

ただこれだけは覚えておいてください。

「男は、みんなマザコン」

母親に愛情をいっぱい注がれて育ってきたので、あたりまえのことなんですよ。

だから家族、特に母親を優先するんです。

ようするに「〇〇さん(彼女)よりも会う頻度が少ないから許してね」これが本音です。

誰・・・

「今の電話誰からなの」

普通にサラッと聞かれるのでしたら問題なく「✖✖さんから(男性・女性問わず)だよ」と応えれるのですが、疑った感じで聞かれるとイラっとします。

電話の相手が女性だったとしても、特別な感情や関係を持っていなければ問題視することではありません。

「疑われているかも」というところに「こいつ、疑ってるのかも」となり、そのことが重なれば重なるほど「もういいや」となってきてしまいます。

〇日は誰と何していたの

「別にいいじゃん」

会う約束もしていない日だったので、誰と何をして遊んでいても良いじゃないですか?

僕には僕の都合や生活があるんですから。

逆にあなただったらどう感じますか?

確かに女性の方は誰と何をしていたかといったことを自発的に教えてくれますが、男はあまり口にしませんよ。

でも大丈夫、後ろめたいことがなければ、すんなりと教えてくれます。

教えてくれなければ・・・ちょっと注意が必要かも・・・

でもね、あまりしつこいと本当に関係が壊れていくかもしれません。

男があれこれ伝えないのは、あなたに対して「分かってくれてて当然だろう」と思っているからなんです。

ある意味「彼女なら僕のことを理解してくれているだろう」とあなたに対して確信のようなものをもっているからなんです。

言葉にしないと何も伝わらないんですけどね・・・

お金が絡む話をされること【中等症】

自分自身で分かっているだけに彼女から言われると辛いです・・・

サラリーの話し

分かっていますから。

僕が給料が安くて、彼女を素敵な場所、楽しめる場所に連れて行ってあげられないのは。

もっともっとオシャレで美味しいレストランにも連れて行ってあげたいけど、もっともっとプレゼントをしてあげたいのだけれども・・・

気持ちは十二分にあるんだけれど、お給料が・・・

そっこを突っ込まないでください。

突っ込まれると僕の仕事や生活そして家族、最後には自分自身の存在自体が否定されているような感覚に陥り「もういいや」となってしまいます。

あなたに、もっと素敵な環境をプロデュースしたいと常に思っていますから。

他人のことを言っちゃダメ

女性は男性に比べてお話することが大好きです。

いろいろなことを話してくれるので、聴き手としては楽しい時間を過ごすことができます。

ですが、これだけは度が過ぎるといけません。

ただのゴシップならまだしも、悪口を言ってみたりディスったりするのはいけません。

一度や二度でしたらまだしも、会うたびにそんな話ばかりだとあなた自身の人間性を疑ってしまいます。

「もしかしたら、僕のいないところでは僕のことを面白おかしくいっているんじゃないか?」

そう思われても仕方ないですよ。

だってあなたはいつも他人の悪いところしか話さないのですから・・・

もうお付き合いできません。

これだけは絶対ダメ!【重症】

〇〇ちゃんの彼氏は・・・

「ねえねえ、〇〇ちゃん彼とハワイに行ったんだって。いいでしょ~」

「〇〇ちゃん、誕生日に彼氏から JIMMY CHOO の△△を買ってもらったんだって。いいな~」

ちょっと待ってください。

僕たちも鳥取県の羽合温泉に行ったじゃないですか。

海外に旅行して高いプレゼントを買ってくれる男性ならいいのですか?

僕の容姿や性格よりもお金のほうがいいんですね。

じゃー、僕じゃなくてもっとお金持ちの男性と付き合えばいいじゃないですか。

✖✖くんだったら・・・

何かを失敗したとき、思った以上に時間がかかってしまったときなど

「✖✖くんだったらもっと早くできるのに」

「✖✖くんに初めから頼めばよかったのに」

ケンカしたときも

「✖✖くんは、そんなこと言わないよ」

「✖✖くんは、彼女にもっとやさしいよ」

✖✖くんは・・・

✖✖くんとお付き合いしてください。

僕じゃ無理です。

え~知らないんだ

人間には得手不得手がございます。

興味も同じです。

誰しも興味があることに関しては浅く広くでも知識を持つものですが、興味がないものに関しましたらどうでもいいことなのでほとんど無知に近いです。

人生経験を重ねてきたからといって、あらゆることをあなたよりも知っている訳ではありません。

逆に知らないことの方が多いのかもしれないです。

それを自慢するように

「え~、知らないんだそんなことも」

「ほんとに知らないの」

などと鬼の首を取ったようにご満悦するのはやめてくださいませ。

あまりにも切なくなってしまします・・・

そのまま続行して話し続けないでください。

だんだんと腹立たしく感じてきます・・・

そんな時には話をすり替えてくださいね、お願いします。

おわりに

軽症・中等症・重症と3つに分けてお伝えしてきました。

3項目に共通していることは

プライド(自尊心)

男はプライドの生き物ですから、そこを否定・批判され傷つけられると滅入ってしまいます。

場合によっては平常心ではいられなくなり感情的、攻撃的になるやもしれません。

最悪のケースでは今までの関係ではなくなってしまう可能性も否定できないです。

ほんとうはお互いに大好きなのに、たったこの、そのひと言がトリガーっとなって二人の関係に終止符が打たれるかもしれないですよ。

最後にひと言だけいわせてください。

注意

元カレとの話しは絶対にNGです。

立場を置き換えてみれば分かりますね。

 

-恋の悩み

© 2020 ここらぶ Powered by AFFINGER5