恋愛

付き合いだしたら態度が変わるのはなぜ?

あなたも必ずといっても良いほど感じたことがあることだと思います。

お付き合いをするまではとても大切にしてくれていたのに、いざお付き合いが始まると日を追うごとに以前とは明らかに違うように感じてしまう・・・

または急に素っ気なくなった・・・

今まで私が主役だったのに・・・

彼の主張ばかり・・・

「本当に私のことが好きなの?」

そう思うと「不安」の2文字が頭から離れなくなります。

その理由はいったい何なのでしょうか?

付き合うまでのプロセスが楽しい

チャンスと書かれた看板。背景は青空

タイトルで検索していただくとお分かりいただけると思いますが、男は「狩猟脳」と言われるように本能的に獲物を追いかける習性があります。

もちろんこの場合での獲物は女性のあなたとなるわけです。

捕まえようと追いかけると上手い具合に逃げ、追いかけようとしなければ立ち止まり近づいてくる・・・

まさに狩猟の駆け引き、男とはこの駆け引き時のスリルがたまらなく楽しく感じる生き物なんですね。

まずはターゲットとした(好きになり付き合いたいと思う)女性が男性のことをどれだけ意識しているにかから始まります。

もちろん、はなから嫌われているのでしたらどうしようもないのですが、少しでも趣味などの共通点があればチャンスはあるのではと考え行動するのが男という生き物。

あなたに気に入ってもらい好意を持ってもらうためでしたら惜しむものなど何も無いのでは・・・というくらい、あなたに尽くすはずですよ。

それは優しい言葉だったり、ときにはプレゼントだったりと、あなたに喜んでほしくて、あなたの笑顔を見たくて、一歩でもあなたとの距離が縮まるようにいろいろと機嫌をとってくるのがセオリーとなっています。

男性は少しずつでもあなたと接している間に

「彼女も僕のこと好きなんじゃない?」

「なんか、この感じ良い雰囲気かも?」

「僕たちもしかして両想いかも?」

というように感じるか感じないのかは人それぞれなのですが、基本的に「いけるかも」と少しでも思うところがなければ、あなたに対してアプローチしたりなどしないはずです。

勝負事ではないですが少しは勝算があるということになります。

あなたと恋人同士なれるかもしれないという根拠のない変な自信、そのどこから来るのか分からない自信の裏側には別の思いも存在しているのわけです。

「あなたと付き合うことなんて無理かも?」

「僕なんて相手にされないんじゃないかな?」

「僕では釣り合わないのでは?」

「いけるかも」の正反対の「ダメかも」

○と✕とがいつでも隣り合わせなんですよね。

ある意味、この行けるか行けないかのドキドキ、ワクワク感が面白く、あなたを自分のモノにするために、あれやこれやと手を変え品を変えチャレンジすることに喜びを感じ楽しく思っているのが男なんですね。

付き合うまでのプロセスと書きましたが、ではゴールは何処なのかということも問題となってきます。

告白して付き合うまでなのか、2人切りになれるまでなのか、キスをするまでなのか、あなたの部屋に入れてもらうまでなのか、エッチをするまでなのか・・・

ゴールの設定によって、態度が変わる時期が異なりますから「ここからは態度が変わりますよ」と第三者が言い切れるものではないですけどね。

「彼のみぞ知る」ということ。

また、あなたをモノにすることができないと判断すると次のターゲットへとすぐに移るのもこのタイプの男性に多いですよ。

結局はカラダ目的

下着姿の女性が男性の上に跨っている

これも子孫を残したいという男の本能的な部分になってしまいます。

僕もそうなのですが、やはりナイスバディでもろタイプな女性を前にすると「あわよくばエッチできないかな?」などと思ってしまうこともあります。

ただ、リアルにそうしないのは本能よりも理性のほうが勝っているということになるからです。

では、「カラダ目的の男性には理性がないのか?」と思われるかもしれませんが、答えは「NO」です。

理性の持ち合わせはあるのですが、あなたのことを正式な恋人としてではなく、とりあえずは「あなたでもいいか」という位置づけとなるので、あなたの心よりもカラダに興味を示すということになります。

とにかく「やれたら良い!」というもろストレートな男性もいますからね。

このケースの男性はあなたへのアプローチの仕方がかなり強気で強引なものであるはずです。

「エッチをしたい」が大前提となっているので、ダメならダメで次の女性に行くだけですから「えっ!」と思うようなプッシュをしてきても不思議なことではありません。

でもね下心しかない男ですが、極論をいえば、あなたが素敵な女性だからそうなるんですよ。

あなたに女性としての魅力がなければ「エッチしたい」なんてことは思いませんから、あなたはそういった意味ではイケてる女性なのですから「私は可愛いんだ!」「私には女性としての魅力があるんだ!」と自信を持ってくださいね。

手に入れてしまったから

彼女を車の前で抱きしめる革ジャンを着た男性

「獲物は獲得したら自分のモノ」

そうなんですね、あなたとお付き合いできたということは、もう自分の所有物なんです。

所有物化してしまったあなたに対して今まで抱いていた不安はなくなってしまいます。

  • 頻繁に連絡を取らなければ離れていくのでは?
  • 今度のデートコースはこれで良いだろうか?
  • 他の男に取られないだろうか?
  • こんなことを言えば嫌われるかも?
  • この服装で大丈夫かな?

常にあなたとの「別れ」という2文字が念頭にはあったはずなのに、手に入れたからそんな心配をする必要がなくなってしまいました。

先述していますが、常に○と✕とは隣り合わせなんですね。

安心という2文字を手に入れましたから、あとはなるようになる自然の流れという感じとなってしまうことも考えられます。

男って馬鹿ですから、1度手に入れてしまえば逃げられることはないと本気で思っています。

そもそもその考え方がアウトだということすら理解できない単純な生き物なんです。

所有物と考えるのでしたら「物」なので、いつかは壊れてしまうし、いなくなってしまうかもしれないということを男は念頭に置くべきだと思います。

おわりに

その意味は何?と英語で書かれているボード

昔のことわざに「釣った魚に餌をやらない」という言葉、しばしば恋愛においても使われていますので、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

この言葉は今回のタイトルにあるような「態度が変わる男性」について使われることが多いですね。

僕の数少ない経験からしても、女性は付き合う前よりも、付き合いを出してからの方が今までよりもさらに一杯のの愛情を注いでくれるように感じます。

それに対して男性はどうなのかと問われると???

クエスチョンな感じです。

だからといって、あなたに興味がなくなったとかどうでも良くなったということではありませんよ。

今まで

「優しくしてくれていたのに・・・」

「可愛いね、好きだよっていつも言ってくれていたのに・・・」

正式に付き合いだしてからは、優しさや愛情いっぱいの言葉を聞くことが少なくなったと思うかもしれませんが、男側からの本音は以下の3つになるのではないでしょうか。

1つ目はこれ

当たり前だと思うけど、分かってくれてるよね!

そうなんです、自分のモノになったので

「僕の彼女なんだから僕のことは何でも分かってるはず」

とても自己中心的な思考なのですが、本当これです。

そして2つ目

「何でいまさら・・・」

意味が分からないかもしれませんが、照れているんですよ。

付き合うまでは、あなたのことをどれだけ好きかということをアピールする必要があったわけです。

そうしないと気持ちが伝わらないですし、ヘタするとあなたが去ってしまうかもしれませんから優しくしたり愛情を言葉で表したりしと必死になって当然。

さらに3つ目

「男としてのプライド」

女性のあなたに対してとても失礼なのですが

「男の方が偉いんだ!」

というどうでも良いような変なプライドを持っています。

あなたに過度に優しくしたり、「好きだよ、愛してる」と歯の浮くようなセリフが言いにくいのです。

言葉が汚くなりますが、逆に

「お前の方がベタ惚れなんだから、もっとやさしくしろよ!甘えてこいよ!好きだと言えよ!」

こんな天邪鬼な考えなんですね。

本当、どうしようもない生き物だと思いませんか?

上記に記したことを察しながら、上手く男を手のひらで踊らせれるような素敵な女性になってください。

分かってしまえば、男って簡単ですよ。

 

-恋愛

© 2020 ここらぶ Powered by AFFINGER5